スマイルコンタクト TOP > 知ってほしい!コンタクトレンズのトラブル

コンタクトレンズの正しい使用方法を守らなかったり、ケアをきちんとしないと、目にキズができたり、そこから細菌が入ったりして、下記のような病気になることがあります。

酸素が不足すると、内側の「角膜内皮」という、角膜の透明性を保細胞に影響を与えます。これを「角膜内皮障害」といいます。